2010年05月16日

英語を書くための辞書、E-DIC2はE-DICを超えたか?

外資系のIT企業で勤務しているため、英文を書かなければならない機会が多いです。
そんな時に、

本当にこんな言い方をするのかを確かめるための辞書

が必要となります。

通常の和英辞典では、
  • そもそも例文が古く聖書で登場する古風な言い回しまで載っている
  • 口語の表現が少ない
  • 専門用語に弱い
頼りにする例文の数が少ない
という特徴があります。

そんな時に役に立つのが、多数の例文を掲載した例文集です。
確かな模範例文で、書きたいことが英語で書けるということは素晴らしいことです。

このような期待に応えてくれる例文集が載った辞書は、朝日出版が2005年に出版したCD-ROM版のE-DICという辞書が非常に優れていました。(E-DIC 英和|和英 (イーディック) CD-ROM版 新装版2005年朝日出版)

この辞書は、多数の口語表現と専門分野ごとの例文を掲載しているために、生きた和英・英和・英作文辞書として非常に重宝して使用していました。

ところが、このたび新しくE-DIC2 (E-DIC 英和|和英 (イーディック) 第2版 (CD-ROM)朝日出版)が2010年3月11日に出版されました。

E-DICとE-DIC2は同時にWindowsに導入できますので、今回は追加導入して一か月ほど比較使用してみました。
ユーザー・インターフェースが大きく変わり、はじめはE-DIC2に違和感を覚え、E-DICばかり使っていました。
※どちらの辞書も音声データは収録されていませんので、発音を確認するには別途音声データを収録している辞書が必要となります。

E-DICは実際に日常で使用されている英語が収録されているのでとても良い辞書です。例えば、研究社の新英和・和英辞典で、“get rid of”を調べると「古期英語「(土地を)開墾する」の意」としか説明がないのですが、E-DICではどちらも豊富な例文に裏打ちされた訳文が参照できるので本当に頼もしいです。

E-DICの特徴は、
  • 見出し語72万+例文10万。
  • 例文がまとめて表示され、訳文は別エリアに分離して表示されるので、参考にする英文を探す時に選びやすい
  • 英和辞典として英熟語(例えば“get rid of”)を調べると、英熟語単独で見出し語となっている説明文を調べやすい

E-DIC2の特徴は、
  • 見出し語74万+例文13万。
  • 例文がまとめて表示されず、英文/訳文、英文/訳文と交互に表示されるので、英文の中から必要な例文を見つけるときの視認性に劣る。
  • E-DICは、一定サイズ以上ウィンドウサイズを小さくすることができませんが、E-DIC2は自由に大きさを調整できます。メールやWord、PowerPointを作りながら見るためには小さい画面にできることは大きな利点です。
  • インターネット・エクスプロアーを使用しているときに、英単語の上にマウスカーソルをかざすと、和訳がバルーンの形で表示されるので、いちいちコピー&ペーストして辞書を引く手間が省ける
  • 英和辞典として英熟語(例えば“get rid of”)を調べると、英熟語単独で見出し語となっている項目が無いので英熟語の意味を調べたいときには不満が残ることが度々ある

結論:
  • 辞書としての例文はどちらも満足がいく内容で、新しいユーザー・インターフェースに慣れてしまえばE-DIC2も何ら問題ない。
  • 新聞記事を読んだりするときには、バルーン機能はとても便利。バルーン中に出てくる訳例は必要にして十分の候補が登場する。
  • ノートPCを使用されている方が、仕事の補助画面としてE-DICを表示するならばE-DIC2の方が使いやすい。

ということで、わたしはしばらく併用した後には古いE-DICは削除してしまうつもりでおります。
はじめてお使いになられる方には、E-DICが¥3,990円であったのに対し、それと同等か上回る機能を持ったE-DIC2がわずか¥2,940円で購入できるのですから、迷わず

E-DIC 英和|和英 (イーディック) 第2版 (CD-ROM)

を購入して問題ないと思います。


E-DICとE-DIC2の画面例
WS01.JPG
WS02.JPG

posted by moulton at 18:21| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。